2009/11/20

ドキュメンタリー頭脳警察

8日と9日の2日かけて、合計5時間15分という、とんでもないドキュメンタリー映画(3部作)を観てきました~

なんと言っても頭脳警察は70年代の反体制バンドの象徴なので、そういう映像が盛りだくさんなのかと予想してたのですが、そうでもありませんでした…むしろ、現在のライブ映像がたっぷりイキイキと堪能できて、音楽映画として大満足!
あまりにも長時間なので行く前は引きぎみでしたが、頭脳警察というバンドの「今」に興味のある人は、観に行って正解だと思います。
PANTAの声ってやっぱり魅力的だし、実は今までトシにはほとんど注目してなかったんですが、気負わず自分のスタイルをしっかり持ち続けてるところが、かっこいいな~…と今回私の中でポイントがだいぶ上がりました♪

8日は、6時半の回の後にイベントがあって、この映画を製作した瀬々監督と、もう一人足立正生という映画監督さんのトークだったんですが、足立さんが「僕はゲリラから映画の世界に戻って」とか、「もし70年代にPANTAに出会っていたら、一本釣りで彼をパレスチナに送っていたかも」とか、ニコヤカに色々と気になることを言うので、家に帰って調べてみたら、す、すごい経歴の方でした(汗)…

PANTAはずっとパレスチナ問題などに拘りを持ち続けている人で、「クリスタルナハト」ではナチスによるユダヤ人の大虐殺をテーマに一枚のアルバムを作り上げるという、他の日本のミュージシャンはまずしないことをやってのけています。
最近では、東京拘置所に収監されている日本赤軍の重信房子さんの裁判を傍聴したり、文通で交流を深めて彼女の詩に曲をつけて発表したりもしてます。
どんな「思想」を背景にそういう行動に出たのかは、直接話をしたわけではないし、詳しくわからないのですが、「もしかしたら、自分もパレスチナに行っていたかもしれないし、今頃刑務所にいたのは自分かもしれない」という、自分の身に引き寄せて考えて感じようとするPANTAの誠実さと優しさは、映画を通して伝わってきたように思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/17

ドキュメント頭脳警察!

11月に頭脳警察のドキュメンタリー映画が上映されるそうです!
ここで紹介されています。


なんと、三部作で、全部観ると5時間・・・
内容も、こ、濃いなー(汗)
うーん、ぶっ続けで5時間は無理だ! 
まずどれかひとつを観て、よかったら他のも観てみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

頭脳警察 ニューアルバム タイトル決定

公式HPで発表がありました!

10月21日リリースのニューアルバム、収録曲のタイトルが決まりました。
『俺たちに明日はない』
★収録曲タイトル★
1)SPARTAKUS INTERNATIONALE R&R BUND
2)乾杯~オレ達の人生に
3)ROCKATION
4)俺たちに明日はない
5)死んだら殺すぞ
6)脳内少女~BRAIN-WASH
7)危ないおまえ~UNDERCOVER
8)黒の図表
9)赤の女王
10)人を喰った話


レコーディング中だそうです。わー!やっぱり出るんだー
タイトルのシンプルさがすごいなあ・・・
死んだら殺すぞって(笑)
とにかく楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

頭脳警察公式サイト

きょう開設されたそうです!
やる気満々な感じです!

頭脳警察公式サイト

トップがレトロですねー
ニューアルバム楽しみですが、本当に出るのかちょっと不安だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/26

頭脳警察 2月21日(土)@初台 The Doors

頭脳警察は日本語ロックの草分けで、1969年に結成され、日劇でのPANTAのマスターベーション事件(以後出入り禁止)とか、歌詞が過激すぎて発禁処分とか、「とにかく危険ですよ」的イメージが先行してるバンドです。1975年に解散してからさらに10年くらいたった頃、私は突然PANTAファンになりました。

その頃のPANTAはすでにだいぶ丸くなっていて、演奏中に客と喧嘩して帰っちゃうような人には見えませんでした。PANTAがソロで出したアルバムは確かに政治的メッセージの強い曲もありましたが、それよりも、聴くだけでまるで映画を観ているように情景が広がっていく歌詞と、それが曲として自然に成立しているところがすごいと思ったのでした。(特にPANTA&HALの「マラッカ」は日本語ロック史上に輝く名盤だと思います!)あと、なんと言ってもあの不思議な声・・・狂気と人を包み込む温かさがないまぜになっているような声です。

その後、頭脳警察が1990年に再結成した時に、私は3回くらい観に行ったんですが、どうも、PANTAソロとはちょっと違うな・・・という印象でした。例えば、歌詞が抽象的だな~とか、漢字が多くて硬いな~とか・・・

そんな私ですが、今回、再再々(笑)結成した頭脳警察のライブに、ある人と一緒に行くことになりました。その人はPANTAと同学年で、同じ時代を過ごした人で、頭脳警察に対しては色々な思いがある人です。若い頃参加した集会(←政治的なものではなかったらしいですが)で、そばにいた人が突然ギターを弾いて歌いだしたので、よく見たらPANTAだったこともあるとか。私は「うーん久々に老けたPANTAを観てガッカリ・・・なんてことにならないかな」とちょっと不安でした。

ライブ前に色々お喋りしたのですが、PANTAって、よくヘルメットをかぶった若者の集会で歌っていたので、あれだけみんなをアジって(扇動して)おいて、自分では火炎瓶の一つでも投げたことあるのかとか、そういう批判を浴びたことがあったんですね。その人は「PANTAの歌を聴いて、血が昇って、何かした人がいたとしても、それはその人の問題で、PANTAが批判されるようなことじゃないと思う。でも、PANTA自身はどう総括(落とし前?)してるのかな・・・」というようなことを話していました。

ライブが始まると、しょっぱなから野太い声で、「PANTA、走れー!」と声がかかったり、なかには「PANTA!たまらねえー!」と叫んだりする人がいて、PANTAが「女の子の声はないの?(ここで「PANTAー!」と女性陣の声)・・・いや、男は声出すなってことじゃねーんだよ」と返したり、「19だもんなー おれたちクソだったよなー 今あんな奴らがいたら蹴飛ばすよ。鼻っ柱ばっかり強くて・・・」とか、MCはなかなか和やかでした。トシとの掛け合いも楽しそう。でも、曲に入るとみるみる表情が変わっていき、あの不思議な声をたっぷりと聴かせてくれました。特に後半の有無を言わさず盛り上げていく展開は、さすが伝説のバンド!でした。一緒に行った人も、なにはさておき、PANTAもトシもロックしてるし、やっぱりかっこいい!色っぽい!とすっかり堪能したようで、よかった♪

お客さんの年齢層がライブハウスにあるまじき高さ(笑)だったので、手を振り上げる人も、ジャンプする人も、前に押し寄せる人もほぼ皆無だったのですが、別の意味で「危なさ」(客も含めて)を醸し出しているライブでした。

☆特に印象に残った曲 
後半はほぼ全曲だけど、あえて選ぶなら(順不同)

Blood Blood Blood
飛翔
銃をとれ
時代はサーカスの象に乗って
間際に放て
万物流転

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

頭脳警察ワンマンライブ  チケット予約開始! 

ついにチケットの予約が始まりました。ファンが主体となって運営するワンマンライブというのは、大変珍しいのではないでしょうか?きっといつも以上に力と思いのこもった特別なライブになることと思います!早速予約してきました。

頭脳警察 TOKYO LIVE 
2009年2月21日(土)
初台DOORS 

開場18:30 開演19:00
前売6000円 当日6500円

申込みはこちらのサイトから

ああ、関係ないけど、今年はコレクターズのライブに1回も行けなかった・・・すごい名演があったらしいのに。
若くない人のライブにはどんどん行かないといけないと思う(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/06

頭脳警察ワンマンライブ IN TOKYO

日にちと場所が決まったようです!(決まってからだいぶたつけど・・・)
ソースはこちら

頭脳警察 TOKYO LIVE 
2009年2月21日(土)
初台DOORS 

土曜日だし、行くぞー
チケット・・・売り切れちゃうってことはないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

頭脳警察2008

日比谷野音に頭脳警察2008が登場したのです。
私は、そのー、ライブ告知があった時期にあんまり積極的な気分でなくて、「高いなあ」「ワンマンじゃないんだ」とか思って、行かなかったのでした。
その時の模様はこちらに!写真かっこいい・・・

頭脳警察のワンマンライブをファンの手で実現しようというプロジェクトも持ち上がっています。うーむ確かにやるなら今なのかもしれない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

「陽炎 the 1st Cruisin'」ツアー ファイナル 3/11 新宿ロフト

10年以上ぶりのPANTAのライブ。ああー楽しみ…だけどちょっと不安…と思いながら、ロフトに向かいました。あらー並んでるお客さんの年齢層が高い!ほとんどが40代以上のちょい悪系(??)、でも、若者もちらほら…

ステージに出てきたPANTA57才。いきなりCACAの1曲目「ムシュフシュの逆襲」を歌いだし、貫禄のシャウトで引きこまれました!な、なんかすごい引力!PANTAが動く動く。前からこんな動いてたっけ?派手なアクションです。そしてとても演劇的な感じがしました。
それはともかくとして、あんなに楽しそうに歌ってるPANTAは初めて見た気がするんですけど!どうしたのよPANTA(笑)MCで「新人バンドです」と語り、やる気満々です!(公式HPにもコメントが出てます)

ギターの菊池琢己さんも10年以上ぶりなんだけど、うーむ、どうしても、見てるとエディー・ヴァンヘーレンを思い出しちゃう私。なんとなくだけど。キーボードの中山努さん。私はこの人の音が好きで、今回も「オルガンの音ってPANTAの曲に合うなあー」と思いながら聴いてました。ベースとドラムのことはよくわかんないのでアレなんですけど、安定してたように思いますはい。

特に印象に残った曲を順不同で。
「朝を呼ぶ男」日本語ロック史に残る名曲だぞ!と私が決めた曲です。いやーぞくっとしちゃいました。和製ピンクフロイド?静かな曲なんですが、まるで轟音の曲を聴かされているように圧倒され、曲が終わった後お客さんはシーンとしてしまいます。感動で心を打たれてと言うよりも、有無を言わせず氷の異世界に連れていかれてしまったような。
「屋根の上の猫」おー初めて生で聴いた!色っぽーい!にゃーにゃー!(←?)
「ルイーズ」きゃーこれも始めて生で聴いた!大好きな曲なので興奮!
「ロックンロール・トリートメント」これは「16人格」というロックオペラのようなアルバムに入っていた曲なのですが、このアルバムは私が若い頃、最も精神的にヤバかった時によく聴いてたので、「あの時はありがとうPANTA」とか「あの時は辛かった…」とか色んな感情が湧いてきて、泣きそうになりました。PANTAの声ってそういう時はやさしいのよねー
「マーラーズパーラー」もよかったあー

アンコールいっぱいやってくれて、ラストの「The End」は、もう、PANTAあんまりムリしないでーPANTAがジ・エンド状態になったら困るーと思ってしまいました。全く、私の予想をはるかに超えるテンションでした!なんだか、PANTAのライブを初めて見て、日本語ロックの世界にどんどんはまっていった頃のことを思い出したよー・・・でも、ロフトでのPANTAのどこか吹っ切れたような表情を見ていると、懐古ではなく、新しく瑞々しく前進していくんだ!という気合を感じました。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/16

CACA

Cacajacket
えー去年のクリスマスイヴに出たアルバムなのでちょっと遅くなりましたが、3月のロフトのライブの参戦も決めたので、記念に感想を書きます。(全曲じゃないけど・・・) ライブでは演奏されていても、リリースされずじまいだった未発表曲を集めたアルバムです。
このアルバムの計画を聞いたの、いったい何年前だったんだろう?言い出してから実行するまでが長すぎるよ!(笑)その間に私はケッコンして会社辞めて子どもがもう小学校高学年なんですけど!

1曲目「ムシュフシュの逆襲」 私がPANTAを好きになったのは、社会派なのにロマンチックな曲だっていうこともさることながら、ルックスが好みだったのと、あとシャウトにしびれたっていうのがあるんですが、この曲でのシャウトは健在で嬉しかったです。エヘヘ。でも、この歌詞何を表現してるんだろう??
2曲目「Melting Pot」 タイトルの「Melting Pot」を連呼するサビが非常にかっこよいので大好きな曲で、CDで聴けてラッキー♪ ちょっと琢己さんのギターが懐かしい感じ。(ヴァンヘーレンみたい?)
3曲目「Geard」 やっぱり畳みかけるようなサビがPANTAっぽい曲。
5曲目「午後の悪魔」 なんか意味深な歌詞だなあ・・・「モラルが理由にならないのは 欲望を自由から救えないから」というフレーズが頭に残りました。(最近なぜか「快楽主義の哲学」なんて本を読んでるのです)
6曲目「ダマスカス」 クリスタルナハトに入っていた「Again&Again」に似てる曲。昔ライブでわざわざ続けて演奏して、本当に似てるので笑ってしまった覚えがあります。いい曲だけどね。
8曲目「朝を呼ぶ男」 すごいなあ、この詞・・・不条理短編小説みたいな感じで、でもちゃんと歌になっていて、演劇を見てるようでもあって。昔、この曲を野音で聴いた時、この曲だけ空気が変わったもんね。PANTA以外の人が歌ったらどうなるんだろうか?
11曲目「Pas De Deux」 色っぽい詞、得意だよねーPANTA。
以上!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧