2005/02/14

やっとバンプオブチキンにも手を出した

バンプオブチキンと言えば「天体観測」(題名だけで、曲は思い出せず・・)と「オンリー ロンリー グローリー」くらいしか知らなかったけど、pillowsのトリビュート盤に参加してくれたし、手元にある「J-ROCK名盤カタログ」が「THE LIVING DEAD」を絶賛してたので、やっと聴いてみた。
ツタ○で借りれるアーチストっていいな(笑)だってこのままじゃ破産しちゃうもん私。

まだあんまり聴き込んでないので、最初の印象ね。

まず、歌詞カードを見て、言葉数の多さにビックリ。「読む詩」として、完成度が高いのはよく分かったけど、これをどうやってメロディーに乗せてるの?と心配に。そして曲を聴いてみると・・・メロディーにあまり抑揚がない・・・やっぱりラップの影響とかあるのかなあ。なんだかさだまさしみたいだぞ・・・と思いつつ流して聴いてたら、少しずーつ盛り上がってきた。やっぱり吟遊詩人系と言うよりは、これってロックのノリなのよね。日本語ロックとしては新しいのかなあ?今流行の爽やか青春パンクでもないし、エモーショナルロック(→アジカンみたいのをこう呼ぶそうですよ)でもないし・・・演奏はすごくうまいと思う(たぶん)。個人的には、ヴォーカルの声はもっと癖があるほうが好みですが、綺麗なお顔をしてるそうなので、今度ルックスもチェックしてみようっと♪

色々書きましたが、名盤だと思いました。はい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)