« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/26

「実験4号」のレビュー

たまたま夫が買った「デジモノステーション」という雑誌に、伊坂幸太郎×山下淳弘の「実験4号」のレビューが載っているよ、と息子が教えてくれた。彼は私につきあってピーズのライブDVDを見たりしてるので、たまーに「サマー記念日」(名曲!)とか口ずさんでいる時もある。「実験4号」はピーズの曲を基にした小説とDVD映画のコラボレーションで、両方味わうと不思議でちょっと寂しくて、でも暖かい趣き。息子にも好評だった。

小説に出てきて、レビューにも取り上げられていたハルの実際の発言。
「泣きっつうか、なんちゅうかね、末期的な夕焼け空みたいな。さあ頑張るぞっていう感じじゃなくて、悲しい歌なのに明るいような」
確かにピーズの曲ってそういうところがあるよね。レビューに書いてあった「緩やかな諦め」っていうのも当たっているかもしれない。
でも、ライブに行くといつも思うけど、ただ諦めてるだけじゃない、最後には諦めがやけくそになって爆発してるような・・・
そういうところが、好きなのかなー

でも、「実験4号」はウルフルズがカバーしてるからといって、やっぱり「代表曲」じゃないと思うぞ。
代表曲は・・・うーん・・・「シニタイヤツハシネ」だったりして??
へーんたーい ぼーんじーん とーしーをーとーれー♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

頭脳警察2008

日比谷野音に頭脳警察2008が登場したのです。
私は、そのー、ライブ告知があった時期にあんまり積極的な気分でなくて、「高いなあ」「ワンマンじゃないんだ」とか思って、行かなかったのでした。
その時の模様はこちらに!写真かっこいい・・・

頭脳警察のワンマンライブをファンの手で実現しようというプロジェクトも持ち上がっています。うーむ確かにやるなら今なのかもしれない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

タワレコにて

久々に秋葉原のタワレコに行ったので、片端から試聴しまくりました。
タワレコがすごくプッシュしてるという「相対性理論」というバンドの「シフォン主義」というアルバムを聴いてみたんだけど、「なんか不思議で斬新!」とは思いつつも買うまでには至らず・・・

ただ、頭の中で「ラブ、ラブ、ラブずっきゅん」というフレーズが離れなくなりました。
http://www.myspace.com/soutaiseiriron

で、結局Perufume買っちゃった・・・お皿洗いの時に聴こう♪
Perfumeのビデオも見ましたが、ライブ映像にもかかわらず、生々しさがなさすぎて、お人形かCGアニメのようでした。こういうのが新しいのかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »