« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/16

CACA

Cacajacket
えー去年のクリスマスイヴに出たアルバムなのでちょっと遅くなりましたが、3月のロフトのライブの参戦も決めたので、記念に感想を書きます。(全曲じゃないけど・・・) ライブでは演奏されていても、リリースされずじまいだった未発表曲を集めたアルバムです。
このアルバムの計画を聞いたの、いったい何年前だったんだろう?言い出してから実行するまでが長すぎるよ!(笑)その間に私はケッコンして会社辞めて子どもがもう小学校高学年なんですけど!

1曲目「ムシュフシュの逆襲」 私がPANTAを好きになったのは、社会派なのにロマンチックな曲だっていうこともさることながら、ルックスが好みだったのと、あとシャウトにしびれたっていうのがあるんですが、この曲でのシャウトは健在で嬉しかったです。エヘヘ。でも、この歌詞何を表現してるんだろう??
2曲目「Melting Pot」 タイトルの「Melting Pot」を連呼するサビが非常にかっこよいので大好きな曲で、CDで聴けてラッキー♪ ちょっと琢己さんのギターが懐かしい感じ。(ヴァンヘーレンみたい?)
3曲目「Geard」 やっぱり畳みかけるようなサビがPANTAっぽい曲。
5曲目「午後の悪魔」 なんか意味深な歌詞だなあ・・・「モラルが理由にならないのは 欲望を自由から救えないから」というフレーズが頭に残りました。(最近なぜか「快楽主義の哲学」なんて本を読んでるのです)
6曲目「ダマスカス」 クリスタルナハトに入っていた「Again&Again」に似てる曲。昔ライブでわざわざ続けて演奏して、本当に似てるので笑ってしまった覚えがあります。いい曲だけどね。
8曲目「朝を呼ぶ男」 すごいなあ、この詞・・・不条理短編小説みたいな感じで、でもちゃんと歌になっていて、演劇を見てるようでもあって。昔、この曲を野音で聴いた時、この曲だけ空気が変わったもんね。PANTA以外の人が歌ったらどうなるんだろうか?
11曲目「Pas De Deux」 色っぽい詞、得意だよねーPANTA。
以上!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »