« ほんとにバラバラ | トップページ | The Long Nines Present・・・Fuck 2005! »

2005/12/19

加藤さんのMODS基礎講座

土曜日に、コレクターズの加藤さんが、東京MXテレビの30分番組に出演。
まあ、ビデオに撮るほどでもないだろうと思って観てたら、すごく面白かった。とにかくMODSのこともコレクターズのことも、なーんにも予備知識がない女の子たち相手に、わかりやすく講義してるかのような加藤さんのトーク。私も中途半端な知識なので、「へええ」と感心してばかり。まるでMODS基礎知識講座だった。

モッズの人が良く着ているパーカーつきのコートについて、「ほら、踊る大捜査線の青島刑事が着てた・・・」と説明したら、女の子たちが「あーー!」って納得してた。加藤さんて、ファンとかマニア向けのお喋りは上手だなあって前から思ってたけど、一般人相手でも全然大丈夫。

MODSって、もともとはモダンジャズを聴いていた若者たちから始まって、それが時代の先端の、マニアックな音楽を好んで聴くような生活スタイル、みたいな意味に変わっていったのね。それでヒッピー文化の時に一度下火になって、またリバイバルしてるんだ。

加藤さんの考えるMODSの美学とは、「やせ我慢」だそうだ。貧乏でも、それを隠して何十万もするスーツやスクーターでスタイリッシュに決める。(パンクファッションは、髪の毛を立てたり、ボロボロの革ジャンを着たりするけど、それじゃいかにも「俺はワルです」って言ってるみたいで、底が浅いと。なるほどねえ・・)

ロックの持つギリギリ感が好きだとも言っていた。4人編成のバンドのライブは、ぎりぎりめいっぱいの力を出し切ってやらざるをえない。しかも2時間。それもまた、やせ我慢の美学というわけね。

あと、私はMODSの音楽ってひとことでいうとビートルズっぽいのかと思ってたら、もうちょっとソウルフルで黒人よりなのね。ふーん。勉強になりました。加藤さん、先生になれるわ。

ところで、コレクターズのアルバム「UFO CLUV」の紹介をしてる時に、ホーキング博士の話になった。加藤さんは、宗教が原因で起こる戦争やテロをなくすために、ホーキング博士(宇宙の始まりを研究してる人)に神様なんていないって証明して欲しかったんだって。ライブで、もろにそういう歌詞の曲を聴いたことがあるな。
私の好きになる人って、なんでみんな宗教とかキリスト教とか嫌いなんだろ。ロッカーだからしょうがないか。

|

« ほんとにバラバラ | トップページ | The Long Nines Present・・・Fuck 2005! »

コメント

あけましておめでとうございます!
うーん!こういうお話を聞きますと、
ライブに行きたくなっちゃうなぁ!
でもお留守番がなかなか頼めないので、
残念。
ところで年末年始はうちのパパさんの趣味で、
若ーい時の憂歌団のDVDを見せられました。
白黒っぽい映像でした。

投稿: おさく | 2006/01/04 11:09

おお。コメントありがとうございます。
私の場合は、ライブをまた見に行くようになったのは、確か息子が幼稚園の年長になってからだったような・・・今でも平日の夜はダメですし・・・でも、自分の世界も大事にしたいですよね。

憂歌団、渋いですね!年をとってくると、ブルースが沁みる気がします・・・

投稿: ユリシヅカ | 2006/01/04 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20125/7693502

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤さんのMODS基礎講座:

« ほんとにバラバラ | トップページ | The Long Nines Present・・・Fuck 2005! »