« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/21

半透明少女関係

自分にとって新しいアーチストを開拓するには、i-podを活用するのもいいかもね、と思って、何曲か購入してみたけど、つい名前を知ってる人の曲になってしまう。
試聴で前奏だけ聴いて、「かっこいいー!」と思って購入したZAZEN BOYSの「半透明少女関係」は、全部通して聴いたら、なんだかとんでもない曲で、「俺と貴様は関係なーい!」「関係なーい関係なーい!」「か、か、か、か関係!」などと絶叫してる。最後の方は曲が阿波踊りみたいになってるし。「うわー失敗したかなあ」と思ったけど、なぜか何度も聴きたくなってしまうのだった。息子に聴かせたら、「子どもの教育に良くない曲だね」とコメントしていた・・・
それにしても、私のプレイリストって、

谷山浩子
ZAZEN BOYS
ストレイテナー
ゲントウキ
東京スカパラダイスオーケストラ

脈略がなさすぎ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/17

赤羽39

theピーズの新譜!今回あちこちで名盤と言われているけど、今までのだって良かったし、どこが違うのか音楽知識がほとんどない私には分からない。でも、何回も聴きたくなる。がつーんと来るというより、じんわり来るアルバムだ。
印象に残った曲にコメント。

1.体にやさしいパンク
うおーどうしたの特に後半!シャウト&爆音・・・若者みたい!こんなのやっちゃって、体は大丈夫なの?
「足がツるんだ」「ケツがヂなんだ」だって。

2.ノロマが走っていく
いいメロディーだーしみじみ。若くして薬とかで逝ってしまうような激しい生き方もロックっぽいのかもしれないけど、ハル君は「マチガイも温め」て、「ショイ込んで」「死ぬまで泳いでいく」んだね。

3.リサイクリン
確かにね、若い頃と違って、もう目新しいものはなかなか見つからないし、ずっと持っているものを使いまわして生きてるような気がする時はあるわ。アーチストじゃなくてよかった・・・

7.クリスマス
「ミサイル畑で雇われて」に出てきた「祈りの無力を思い知るがいいさ」というフレーズがさらに膨らんだような曲。

9.風の夜
今まで照れ隠しだったハル君の優しさがすっかりばれてしまってるような曲・・・セリフの部分がよいわー

10.40
これこれ。これがハル君。「オッさん玉砕中」だの「オラん存在が モヤシ並み 以下」だの「出掛けっぞバイセコー
焼くぞ国産牛」だのヤケクソで情けなくて、でも勢いのある曲。

11.耳鳴り
とにかくメロディーが美しいので好き。このアルバムの中で一番好き。アレンジはライブ限定で売ってたシングル盤の方が好みだけど。
ところで私の耳鳴りはここ数年治らない。静かな場所にひとりでいると鳴り続けてるのが分かる。「どこまで持ってこう この耳鳴り」・・・付きまとって離れないものは、抱きしめて連れて行くしかない。

12.サマー記念日
聴いていると、青空が目の前に広がる。座り込んで何かを待ってくすぶっているより、干からびちゃってもいいから、何かに手を出そうという曲だと、私は解釈した。ピーズは私の人生応援歌♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »