« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/02

コレクターズ マンスリー ライブ@渋谷クアトロ

コレクターズのライブを観てきた。MODSのカバーアルバム「BIFF BANG PAW」が出たばかりで、コレクターズのライブでこんなにカバー曲をたくさんやるのも珍しい。もっと聴きこんでから参戦するべきだったかなー・・・原曲知らないし・・・一度全部聴いてみたいけど。

加藤さんは「いいねーカバーは」とご機嫌。「自分たちを育ててくれた曲」を自分自身の日本語訳で歌ってるんだもんね。カバーなんだけど一部オリジナルみたいな。愛だわ。

英詞の日本語訳って難しそう。やってみたいけどやったことない。湯川れい子センセが「英語というのは日本語の3倍言葉が入っています」と書いていた。例えば「I LOVE YOU」は3音、でも日本語にすると「あなたを愛してる」で9音。訳すだけではなく、原曲に乗せて歌うとなると・・・大変!加藤さんの詞は、さすがにみずから作詞作曲して歌う人だけあって、ばっちりリズムに乗ってましたが、やっぱりサビの肝心な部分は英語だった。

カバー曲もよかったけど、ギターのコータローさんがメインヴォーカルをとる「ハッピー&ラッキー」をやっと生で聴けて感激!この曲いいよねえ。コータローさんがメインの曲の中ではベスト・ワンじゃないかしら。なにしろ詞が、はまりすぎ。「あそびがなきゃダメさ」とか「ガツガツするなよ モテないぜ」とか、白い長袖シャツのコータローさんがギターを抱えてヒラヒラ動きながら、甘いちょっと気の抜けた声で歌うと、全然嫌味じゃないし、みょーに爽やか。大人の余裕っていうのとも違うし、軽やかで中性的で・・・なんだろなあ、この人(笑)

そしてそして、多くの方が日記などで触れていましたが、アンコールの前にやった「G.I..JOE」が圧巻だった!前ライブで聴いた時は、「社会派な曲でもコレクターズがやるとおしゃれでポップなんだなあ」と思ったのだけど、今回は確かに怒りを帯びた迫力があって、物語の情景が浮かんできて、加藤さんがセリフ(?)を叫んだ時は、まるで短い演劇を観ているようだった。すごかったよ。

さて、今回のゲストはキーボードにサックスに女性コーラスも加わって、大人の夜な雰囲気。加藤さんは「これからはジャズ・ヴォーカルいいなあ。ディナーショーやってさ。もてそうだし」みたいなことを言ってたけど、私はジャズ・ヴォーカルというより、前にDVDで観たエルヴィス・プレスリーのラスベガスでのショーを思い出したよ。な、なんだか似てるわ。加藤さん、プレスリーに!(目が色っぽい所が・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »