« ミサイル畑で雇われて | トップページ | 鈍色の青春 »

2004/11/12

シンクロナイズド・ロッカー

このアルバムはピロウズのトリビュートである!

私の好きになるアーチストって、たいていツタヤとかには置いてないのよね。
聴きたければ買わなくちゃいけないから大変なのよ。まったくさあ、ケミストリーとか好きだったらよかったのに(笑)
しかし!だめもとでツタヤに行ってみたら、なんと「シンクロナイズド・ロッカー」が2枚も置いてあった!
2万枚くらい売れたらしいからね。理由は簡単です。ミスチルとバンプオブチキンが参加してるからです。

ミスチルがピロウズの代表曲と言ってもいい「ストレンジ・カメレオン」をカバーしていた。これが目玉だ。
ネット上で聴いた時は、「やっぱりサワオくんのほうがいいや」と思ったんだけど、CDでフルに聴いてみたら、初回だけゾクッと来た。あの、ヴォーカルの人、あれ名前なんだっけ桜井さんだ、すごく分かりやすい熱唱なんだけど、彼の歌で「ストレンジ・カメレオン」って実はすごく悲惨な歌なんだ、と初めて気がつきました。


君といるのが好きで あとは ほとんど嫌いで
まわりの色に馴染まない 出来損ないのカメレオン
優しい歌を歌いたい 拍手は一人分でいいのさ
それは君の事だよ

と歌ってるのに

君と出会えて良かったな
Bye Bye 僕はStrange Cameleon


・・・ここを読むと、これって結局「君」ともさよならしたって事だもんね・・・

元曲では、サワオ君はこの歌を割とさらっと歌っているので、主人公は淡々と自分の運命を受け入れているようにも見えるんだけど、桜井さんの解釈は違うみたい。一番最後に「No No No」って歌うんだけど、桜井さんのほうがずっと悲痛な叫びに聞える。どちらがいいのかは・・・聴く人によって違うんでしょうね。分かりやすいのは桜井さんかもしれない。だからミスチルのほうが売れるのかもしれない。

個人的には1曲目のストレイテナーが好みでした。でも、全体的にいいアルバムだと思う。
3曲目のはる君の歌は、あとからぐっときました。

|

« ミサイル畑で雇われて | トップページ | 鈍色の青春 »

コメント

遅ればせながら、『シンクロナイズドロッカーズ』を買いました。実はバンプも好きなんで、ちょっと得した気分です(笑)。
私は、サワオくんの淡々としたボーカルが好きです。というか、歌い上げる人はどうも苦手。ほら、フリッパーズ・ギターに洗脳されてるからさ(笑)。
「ストレンジ カメレオン」の入ってる『プリーズ ミスター ロストマン』は、私の90年代ベストテンに入っています。このアルバム買って、あ、ピロウズって『PILLOWS&PRAYERS』から取ったの!?と初めて気が付いた次第です。

投稿: gitzo | 2004/12/05 07:01

やあやあ!やっぱり趣味合いますよね(笑)私も「プリーズ ミスター ロストマン」持ってますよ。

>歌い上げる人はどうも苦手
私も多分そうなんだろうと思います。聴いてて冷めちゃうことがあって・・・(笑)ミスチルのカバーした「ストレンジカメレオン」も圧巻だな、とは思ったんですけどね。

ところで『PILLOWS&PRAYERS』ってなんですか?洋楽の曲のタイトルとか??

投稿: ユリシヅカ | 2004/12/07 16:11

『PILLOWS&PRAYERS』は、英ギターポップレーベルCherry Redのコンピレーションアルバムです。
このジャケット(私の名前にリンクはりました↓)が『プリーズ ミスター ロストマン』の歌詞カードに使われているのを見て、バンド名はここから取ったんだな、と思ったのです。
私は、97-99年頃、ネットでたくさんのギターポップ好きの人たちと知り合ったのですが、ピロウズが好きだと積極的に云っている人はいませんでした。渋谷系にカテゴライズされなかったせいかな?
でも、やっぱりピロウズのメロディアスな楽曲と歌い上げないボーカルはギターポップ魂だよな、と(笑)。

ミスチル桜井さんは、自分の世界を持っていてさすがだな、と思いました。って、素人にこんなほめ方をされたくないだろうけど(笑)。

投稿: gitzo | 2004/12/07 23:55

ほんとだ。この写真見た。
洋楽知識ほとんどゼロなんですよ。
私の好きになる日本のロックって、どーもアメリカよりじゃないものが多いな、とやっと最近分かってきたんですが。

投稿: ユリシヅカ | 2004/12/09 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20125/1941340

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロナイズド・ロッカー:

« ミサイル畑で雇われて | トップページ | 鈍色の青春 »