« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/27

FRIDAY ON MY MIND 

コレクターズのクアトロでのマンスリー・ライブの最終日を観てきました。盛り上がりましたよー!なんですか、あの加藤さんのゴールドのシャツは!(笑)電飾ついてるんじゃないかと思いましたよ。
思えば去年の2月のイベントライブで再会したギターのコータローさんに急に「萌えて」しまい、ライブに行ってもコータローさんのお顔ばかりデレデレと眺めてたわけですが、このところやっとクール・ダウンしてきまして、(ってゆーか、前髪はないほうが色っぽいのになあブツブツ・・)ギターの音とかにもちゃんと耳を傾けられるようになりました。
この日はアマゾンから自宅にピーズの野音ライブのDVDがちょうど届いた日で、午前中はパソコンで鑑賞してたので、素人なりにふたりのギタリストを比較しちゃったりなんかして。
アビさんのギターは、なんと形容したらいいんだろう、泥の底を這いずり回りながら男が叫んでるみたいな、いや、ただ叫んでるだけじゃなくて、無茶して上昇していくようなギターなんですよ。ピーズの曲のギリギリ限界感は間違いなくアビさんのギターによって醸し出されてます。一方コータローさんのギターはずっと繊細で、色とりどりで、アビさんのギターが「ヴォーカルっぽい」としたら「キーボード」に近いような気がします。もちろんどっちがいいとかじゃなくて、それぞれのバンドの楽曲やヴォーカリストの個性を支えているわけですね。なにしろピーズの曲はやけくそパンクだし、コレクターズはロマンチックポップス。
今回のライブでは「嘆きのロミオ」が嬉しかったです。加藤さんの熱唱!生で聴けるとは思わなかったな。まさにロック・ミュージカル(オペラ?)な曲で、こんな曲、日本でコレクターズ以外にできるバンドはいないはず。この次はぜひバックコーラスつきで聴いてみたいです。
ところで私は渋谷クアトロには何回も行っているにもかかわらず、前を通り過ぎそうになったんですけど、偶然サポートキーボーディストのPAT小泉さん(鮮やかな水色のシャツをお召し)を発見し、すぐに後をついていったので、迷わずにすみました。ありがとうございました。同じエレベータに乗っちゃった・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/22

愛のために

奥田民生のアルバム29
前に中古CD屋で、新品をすごい安価で買った。
「息子」(コカコーラのCMに使われた)とか「愛のために」も入ってるのに・・・
あんまり人気ないのかしら民生ちゃん・・・
確かに地味な印象のアルバムだけど。

久しぶりに聴いてみました。
「愛のために」って、やっぱりいい曲だなあ。
愛って言葉をさりげなく使って歌える民生ちゃんは素晴らしいなあ。

この歌は出だしでは「フケた男が さんざんからんで人生語」ってる酒場(?)の風景。

それが次の部分では突然

おっさんあんたはそういうけれど いろいろややこしい世の中で
雨にも風にも夏にも負けず 明るい日本の見本となった

・・・誰が見本となったんだろう?なんて疑問は無視され、あれよあれよと言う間にサビに突入。

ここらへんで そろそろ僕が その花を咲かせましょう
愛のために あなたのために 引き受けましょう

なんだか訳が分からないまま、「そうか~花を咲かせなくちゃね~私も・・愛のためにね」なんて、前向きな気分にさせてくれるのよね。
一体どういうつくりの歌詞なんだろう・・・なーんでこんないい加減でやる気なさそうなまま、盛り上がるんだろう(笑)
こういう歌詞を書いてみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

HERE TODAY

宝島社の「J-ROCK名盤カタログ」で、「まさにキャリア10余年の彼らでしかなし得ない『到達感』を感じさせる日本語ブリット・ロックの名作ザクザク」と紹介されているこのアルバム。「紙ジャケ仕様」で再発されたので、ついに購入しました。おっ・・噂にたがわず、一聴するだけで、ぐいぐいとコレクターズの独特な世界に引き込まれます。

一曲目がOVERTURE(前奏曲)で、オーケストラ(かな?)による演奏っていうのもいいですね。そう言えば日曜日に、お手伝いもかねて「市民ミュージカル」を観にいったんですけど、小規模ながら、ちゃんとオーケストラが舞台の前のピットで前奏曲を演奏したんです。(前奏曲って言うのは、劇が始まる前に「さー これからこんな劇が始まりますよー」ってワクワクさせるような音楽のことですね。念のため・・)ロックオペラを演ったりする加藤さんだから、きっとこのアルバムを作った時もオペラやミュージカルのイメージが頭にあったんだろうなって思いました。そう思って聴くと、アルバム全体が物語のようになってる・・と思えないこともない。

ひざまずく影は黒く 夜を染めて
夜空の月さえ輝けない ああ今すべてが終わる
                            「嘆きのロミオ」

うーん、この曲なんてまさに「テノールのアリア」って感じ。加藤さんの詞は「スイートすぎる」とか「彼女と一緒に聴くのは恥ずかしい」とか言われるけど、直球なところがいいんですよねー あとさ、ちょっと芝居がかってるよね。ミュージカルにはピッタリだ。ほんと、他にはちょっと見つからない詞です。

好きなこと 好きなだけ 好きならずっと好きにやれ
ピンクの髪も今日は ちょっと時代遅れ
誰の真似してみても 誰にもなれないから
Yeah! Yeah! Yeah!
タフに行こうぜ Born To Be Tough!      「TOUGH」 

60年代のブリティッシュをこよなく愛し続ける加藤さんの、頑固なまでに一貫した姿勢が、結実したようなアルバムだと思いました。周りがなんと言おうと好きなことをずっとやり続けるって、パワーだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »